カード払いの罠

現金で買い物をするって本当に大切なことです。いつも心がけていることですが、カード払いが発達している現在でも私はできるだけ現金で支払うようにしています。

 

なにかの番組でもやっていたのですが、人って現金で物を買うときとカードで物を買うときとでは金銭感覚にズレが生じるそうです。

 

クレジットカードなんかはお金がそのときなくても何かを購入することができるチャンスを与えてくれます。
ですが、よく考えてみるとお金がないときに物を買うこと事態が不思議な行為なんです。お金がないときにカードを使って物を買うと、後で請求がきます。

 

でもその請求って次の給料から引かれるということですよね。ということは給料の前借になります。

 

どんなに家計を管理しようとしても給料をもらう前から給料が減っている状態ってコントロールするのがかなり難しい。

 

よく貯金をするには給料日に給料から天引きされる貯蓄システムを使えば自動的にたまっていくという話を聞きます。そのとおりだと思います。

 

ですが、これには例外があって、クレジットカードで給料を前借している状態からそれをやってしまうと月末にはそれをカバーするためにまたクレジットカードを使う必要が出てきます。

 

無意識の借金です。なので、何かを買うときにはできるだけ現金を使用し、お金がないときには不必要なものを買わないという意識を持つことが何より重要です。

 

このようにクレカを毛嫌いしている私でもキャッシングについては意外と好意的です。キャッシングはたしかに借金で使い過ぎるのは良くないですが、利用するときに借金をしているんだという感覚が残るからです。その感覚さえ忘れなければ無駄遣いをすることはありません。最近は消費者金融も法律を守ってお金を貸し出していますし、最初は無利息で借りられるところも増えています。