本当に借りるべきお金か考える

お金を借りるときには人それぞれ理由があると思います。病気で収入がなくなったり子どもの進学費用が必要だったり。

 

ただ趣味にお金をつぎ込むための場合はよく考えた方がいいかもしれません。私、趣味のソーシャルゲームをやるためにお金を借りていましたが、今はソーシャルゲーム自体をやめることにしました。もう、こりごりです。

 

最初のうちは、無料でやっていました。その後もお小遣いのうちでソシャゲをやってました。

 

でも、ストレスなんかが溜まるとついつい、お金ないのにガチャをしてしまうんですよね。

 

で、お決まりで狙いが外れて必ずと言ってよいほどガチャを繰り返してしまうんです。私もご多分に漏れずやってしまいました。

 

お金が足りなくなって最初は少しだけ借りてすぐ、返していましたが、だんだん、その便利さに慣れてしまって、気がついたらカードローンのヘビーユーザーになってました。

 

そうなると、金利を返すだけで大変です。最後の方では、金利も返せないので、借金を返すために、新しいカードローン会社と契約してお金を借りてました。

 

もう、完全に末期症状で自転車操業です。すぐに行き詰まりました。当たり前ですけど。しょうがないのでかみさんに全部事情を話しました。激怒してましたけどねー。それで、家計から借金300万円、カードローン会社に返してもらいました。おかげで家庭は離婚寸前までいきました。これから、かみさんには、一生頭上がりませんね。借金は目的のあることに使う。これが大切です。