学費を払うために

特に贅沢をしている覚えはないのですが、子どもの学費が払えない時にキャッシングを利用しました。合格後から入学までは時間がありませんから、とにかく入学金と初年度の学費を払う必要があったのです。うちは母子家庭です。

 

うちは借金をしたことがないのが取り柄でしたが、子どものためですから仕方ありません。

 

ありあまるお金を持つという経験が生れてこのかたありません。

 

学生時代も同級生はブランドものの服をきていまいたが、私は着ていません。

 

仕送りもなく、アルバイトの収入があるまで1日100円で過ごした日々がありました。パン屋の安売りのパンを食べて過ごしたりしていました。

 

失業した時も、失業保険で暮らし、毎日自炊です。でもそういう毎日もなれれば普通です。ブランドの鞄とか洋服、ジュエリーもほしいとは思いません。

 

最近はただただ老後が不安です。国民年金の支給額が5万円ときくし、持ち家はないし。

 

小額でできる投資信託でも始めようかと思いますが、損失をだしたらと思うとなかなか踏み切れません。

 

株で人生をなくしたという話を聞くからです。今は地味につもり貯金です。収入より支出が上回らなければ貯金はできます。服は買いません。ぼろぼろになったら、1000円以下で安売りの商品を買います。

 

100均でいろいろな商品が売っています。お金がなくてもなんとか生きていけるじだいかなと思います。1億円持っていても1億円使えば残りはゼロです。なにが大事かでお金の価値は変わると思います。

 

こんな感じで庶民派の私ですが、頑張った子どものためなら、身の丈に合わない支出であっても、してあげたいと思います。借りたお金は後で稼いで返せば良いのです。子どもに惨めな思いだけはさせたくないと思います。