会社員は信頼されている

カードローン、キャッシング利用者で最も利用する層は会社員です。会社員はカードローンの利用条件してあげられる、安定した収入があります。

 

会社員は安定して一定の収入があるわけですから、カードローンやキャッシング利用するための審査にも通りやすくなります。

 

さて、カードローンやキャッシングを利用しやすい会社員ですが、考えるべき点として在籍確認と返済プランの2点があげられます。

 

在籍確認とは、その会社に本当に在籍しているかをしっかりと確認するために電話を使って、会社にかけてくることです。電話がかかってきてすぐに借金をしようとしていることがバレる、ということはありませんが、不信に思われても仕方ありません。不安に感じる方も多くいると思います。

 

在籍確認にもし不安を感じる場合は「先日クレジットカードを作ったので今日在籍確認の電話があるかもしれない」と事前に周囲に報告しておくなどのやり方があるかもしれません。

 

また在籍確認を書類で行うことができるカードローンもあるので、こうしたカードローン会社を選択することもやり方の1つでしょう。

 

次に2点目の返済プランについてです。会社員がカードローンやキャッシングを利用する際はどのような返済計画を立てるべきでしょうか。

 

毎月の収入に見合った無理のない返済計画をたて、ボーナス月などには繰上返済で元金を減らしていくやり方が一般的です。

 

もちろん返済計画だけでなく、同時に万が一の時に備えるために貯金計画も立てることも同時進行していくべきでしょう。

 

さらに会社員ならではですが、給料がアップすれば借入れ限度額をアップすることが可能です。

 

限度額をアップするためには再審査が必要になりますので、収入証明書などを準備した上で確認を行いましょう。

 

最初は借り入れが低くてもあきらめないでください。継続的に利用していればきちんとクレジットカードなどと同じようにきちんとアップしていきます。ただし頻繁に返済が遅れたりする場合は例外です。また総量規制の関係で年収の3分の1以上は借りられません。

 

仕事を頑張って収入をアップさせることも忘れずに。